コンテンツにスキップ
7日间無条件返品 無料配送3日-5日 新規会員登録300円OFF クーポン:new
7日间無条件返品 無料配送3日-5日新規会員登録300円OFF クーポン:new
車のセンターコンソールに車用ダッシュボードマットを敷く必要はあるのか? なぜ、多くの人が使っているのか?

車のセンターコンソールに車用ダッシュボードマットを敷く必要はあるのか? なぜ、多くの人が使っているのか?

数日前、国は一般的に高温の天気、メーデーの休日の期間、個々の領域は、また、私たちを促す高温の40度を登場している今、夏は本当に来て、天気が徐々に高温になると、運転はとても快適になる、車のスペースが比較的小さいため、空気の循環が速くありません、熱が車の中で座っているときに、非常に不快な蒸し器のように、そう多くの人々が開いて車のエアコンを置くことになります。 しかし、車内は涼しくても、車外は日差しにさらされています

車のセンターコンソールに車用ダッシュボードマットを敷く必要はあるのか? なぜ、多くの人が使っているのか?

みんなの経済が発展し、自動車の価格が下がり続ける中、自動車は今や一般的な移動手段のひとつとなり、その普及によって誰もが簡単に移動できるようになりました。 車を購入したら、ステッカーを貼ったり、ハンドルカバーを付けたり、いろいろと雑多な飾り付けをして、車を美しくする人も多いでしょう。 しかし、また、男性の車の所有者は、いくつかのアクセサリーと車にインストールされます、それらのほとんどは非常に実用的になります、例えば、光吸収マットのセンターコンソールにインストールされている、と光吸収マットの色もほとんど黒、このような装飾は非常に突然の感じを与える、車の美しさも悪い影響を演じているが、それはそれを購入する人がいるので、まだある人は、良い見ていないその役割は、その役割をしなければなりません。 具体的にはどのようなものですか?


ダッシュ ボード 車 の役割として、光線回避の役割がありますが、その効果も非常に高いです。

私たちは夏の暑さの中で運転する時間に、太陽の強度も非常に大きく、道路上を運転するだけでなく、苦痛であり、いくつかの電子部品の車のセンターコンソールエリア上の日光も悪い影響を与えている、特に日光暴露の長い期間の後にこれらの電子部品、寿命が短くなり、光のクッションに配置センターコンソールは、この光のクッションがこれらを保護できる場合は、... 電子部品は、それが電子部品の断熱材の役割を持って、太陽の下で私たちの歩行に相当し、唯一の独自の歩行は、その後確かに日陰の場所の様々を探して、立つことができない場合、この時点で傘がある場合、それはまだ熱い感じでしょうが、傘の役割のために、私たちに太陽の光は、任意の害を引き起こすことはできません。


もう一つのポイントは、車のインテリアの多くはプラスチックで作られていることです。

私たちは皆、プラスチックが長い間太陽にさらされないことを知っていて、そうでなければ老化現象の速度を加速させ、車のプラスチックインテリアも同じで、マットはまだこれらのプラスチックインテリア、老化の加速の危険からこれらのインテリアを保護することができます。 上記2つの役割に加え、マットは車のオーナーにとっても大きな役割を担っています。車内に太陽の光が差し込むと、車のアイテムだけでなく、オーナーの目にも影響を与え、運転中に交通事故が発生する可能性が高いのです。 遮光板があれば、マットを通過する際に太陽光が屈折して外に出てくるので、オーナーはより快適なドライブ環境を手に入れることができます。


マットの多くの利点がありますが、欠点もあり、大きな影響を再生するために車のインテリアの美しさに加えて、マットの配置では、車は不快な臭いの完全され、車のこれらの不快な臭いは、特に太陽の光の後、マットからですが、匂いが大きくなり、この時点で、タイムリーではない換気、人体も大きな害である場合。


また、マットを敷く場所がエアバッグを搭載している場所でもあり、ここにマットを敷いてしまうと、万が一の時にエアバッグが何らかの抵抗を受けて飛び出してしまうというデメリットもあります。 ですから、マットの配置も日差しが強いかどうかを見て、強くなければダッシュ ボード カバーを敷く必要はありませんし、さらに今は車の技術がどんどん上がってきて、車はそれほどデリケートではないので、実際の状況に応じてマットを選択的に配置することができます

 

前の記事 車の車用サンシェードは本当に便利ですか?
次の記事 新型50系RAV4は理想的! おすすめのカスタムパーツはこちら